コロナで延期中のカナダ留学!日本から受けられるオンライン授業の実態【Virtual 留学中】

オンライン授業 海外留学

スポンサーリンク

ブログの更新が久しぶりになってしまいました。

4月末に渡航予定でありました、私のカナダ留学はコロナの影響で延期。

カナダに渡航していたとしても、オンライン授業になっていたわけですが、日本から授業できるかどうかを学校が検討した結果、

私が行く予定だった学校も、他国からオンライン授業を受けられることになりました。

…ということで、予定通り4月末から『Virtual 留学中』の私です。

コロナがなければ、おそらく日本からは受けられなかっただろう、カナダの学校の授業を現在日本でも受けられているわけです。

大変貴重な経験です。

今日は、どんな感じで授業が進められているのかを、紹介したいと思います。

感想などは別記事で♫

 【カナダから受けれるオンライン授業Q&A】時間帯は?時差はどうするの?

カナダからオンライン授業を受けられる!!!というのは、すごくexcitedなのですが、1つクリアしなければいけない問題が…

それが、『時差』

カナダと日本の時差は、サマータイムで16時間。カナダの方が遅れています。

授業が始まるのが、カナダ時間でAM9:00。日本はその時、翌日のAM1:00です。

授業時間は、

カナダ時間でAM9:00〜PM3:30
日本時間で AM1:00〜AM7:30

なのです。

慣れないうちは大変でした。

私はできるだけ昼間活動をしたいので、夕方に就寝、0:00起床、1:00〜授業という生活をしていたのですが、

0:00に起きて、いきなり授業始まった直後にプレゼンとかテストとかやって…脳みそ回転していなかったです笑

朝5:00くらいになると、変なテンションになっていました笑

スポンサーリンク

【カナダから受けれるオンライン授業Q&A】教材はどうするの?

私、勉強するときには紙派で、テキストなどは本でやりたいタイプなのですが、なんでもデジタル化の現代。

テキストはe-Bookを用いていました。オンライン授業が始まる数日前に先生からGoogle共有ファイルが送られてきて、それを用いて行いました。

学校には教材費も払っていて、本ではもらえないのか尋ねたら、渡航後にはもらえるそうですが、やはり日本に送ることはしていないと言われました。それは仕方ありません。

出来る限りプリントアウトして使用しようと思いましたが、教材は膨大だったので、本当に書き込みたいもの以外は、パソコンの画面上でなんとかしました。

(私は、iPad とパソコンを併用していました)

【カナダから受けれるオンライン授業Q&A】授業スタイルは?

授業はZOOMを用いてのオンライン形式。

ZOOMのURLは、毎回使用するものを最初に教えてもらい、時間になったらアクセスするだけ。

私が受けていたコースは12週間(3ヶ月)の大学準備コースなので、1ヶ月単位でメンバーの入れ替わりがあります。

私が始めた月は、すでに1ヶ月、2ヶ月とコースを受講してきたメンバーもいましたが、6人中4人が私と同じ月に始まった人たちでした。

最初の月(現在受講中)は、クラスメイトは6名ですが、どうやら先月は15名程いたらしく、また来月からもそれくらいの人数になるのだと。

個人的には、6人くらいがちょうどいいなぁと思っていますが…

さて、オンラインでの集団での授業です。どういうスタイルで授業が進んでいくのかというと、

ほぼグループかペアでの活動です!!

早く言えば、参加型の主体的な授業。聞いているだけの受け身の授業ではありません。

ZOOMではブレイクルームが作れるので、先生が活動のときにペアか3人グループにわけて、話し合ったり問題を解いたりします。

基本的に個人作業がないので、わからないことはクラスメイトに訊けるし、私にはとてもありがたいです。

そして、また全体に戻って、意見を共有する、そんな感じです。

【カナダから受けれるオンライン授業Q&A】どんな内容の授業をしているの?

オンライン授業

先ほどもちょこっと言いましたが、私が受けているのは『大学準備コース』です。(詳しくは別記事で)

そのため、大学に進学後に困らないための、聞く・話す・読む・書くのすべての技能を養うための授業内容を行っています。

特に評価などの比重が高いのが、エッセイです。

月に2本のエッセイを書くので、そのために、アウトラインや原稿提出などが随時あり、毎日何かしら書いていたような気がします。

ほぼエッセイは課題なので、授業でやるというより、家で進めていましたが、授業の中では、基本的なボキャブラリーを増やしたり、リスニング問題を解いたり、

ある記事をペアやグループで音読して内容を理解したり、問題を出し合ったり…

そんな感じです。

自分の思いを言葉にすることが苦手で、リスニングもスピーキングも苦手な私は、必死に授業についていきました。

一応英検準1級をもっていますが、それでも内容についていくのがかなり大変でした。

【カナダから受けれるオンライン授業Q&A】宿題や課題はどれくらいあるの?

上記でも述べましたが、月に2本のエッセイに加えて、週1回プレゼンテーションがありました。

決められたトピックに対して、1人15〜20分のプレゼンテーション。

スライドを作って話を構成して話しますが、これも準備がなかなか時間がかかりました。

それに加えて、英文を読んだり、英文を作ったりの宿題がちょこちょこと…

授業についていくのに必死な私は、授業の内容を復習したかったのですが、課題にいっぱいいっぱいで、あまり復習の時間がとれなく、ますます大変でした。

さらに、1ヶ月で1冊の決められた洋書を読み、先生があらかじめ掲示板にアップしている質問に子答える(10問)という宿題もありました。

洋書自体はすごく難しい内容ではなかったですが、(たぶんTOEIC700レベル)なんせ時間がない中で読むので、時間管理が大変でした。

授業が終わって、寝るまでに、ほとんど宿題や課題をやる日々です。

(その中で、私はオンラインの仕事をしているので、時間がなくて大変です)

 まとめ

先生に授業の最初に言われたこと、

『スケジューリングをしっかりしないといけない』ということ。

本当にその通りで、決められている課題を、提出日までにいかにコツコツやるかが重要だと思いました。

私は、元々時間管理は得意な方なので、大変は大変ですが、徹夜までにはなっていないので、これからも計画的に課題を進めていきたいと思っています。

何はともあれ、日本にいてもひたすら英語づけの毎日を送っています。

日本でも『バーチャル留学』は可能なのだと、ひしひしと実感中です。

やはり、短期間で英語学習をどっぷり進めたい人は、自分で進めるより、こういう学校に入って、みっちりやった方が、短期間では伸びるのではないかと思っています。

ご参考までに。

残りのバーチャル留学期間も頑張ります!

スポンサーリンク