語学学校だけではない!30代社会人が経験できる短期留学方法

大学生 海外留学

留学といっても、一言ではどんな留学なのか想像できない程、現代ではかなり多くの留学スタイルや留学方法があります。

20代であれば、ワーキングホリデーなどのビザを用いて、一定期間働きながら学校に通うことも可能ですが、30代はワーキングホリデービザを用いての留学はできません…泣(年齢制限あり)

社会人が仕事を辞めずに『留学したい!』となると、現実的に長期留学は厳しく、短期留学を選ぶ人が多いでしょう。

短期では大学やカレッジ留学は難しく、多くの人が語学学校を選択します。

語学学校といっても、社会人が休める期間、例えば1~2週間であると、『一般英語コース』の選択になるかと思います。

期間が1カ月程度とれるのであれば、選択肢は少し広がり、

・一般英語コース
・試験対策コース
・ビジネス(専門)英語コース

などを受けられる語学学校があります。

しかし!!!!

語学を学べる場所は、語学学校だけではないんです!!!

今日は、社会人のみなさんに、短期留学をする際に、語学学校だけではなく、他の語学を学べる機会も紹介したいと思います!

スポンサーリンク

 語学学校と組み合わせて語学を学べるプログラム

短期留学となると、語学学校に通うのが一般的です。

しかし、語学学校だけでなく、+αで『現地社会に浸って学ぶ』遊び、楽しみながら学ぶ』プログラムがあります。

例えば、期間が4週間程度以上とれるのであれば、

・英語+インターンシップ
・英語+ボランティア

で、実務経験社会経験を積みながら英語を学ぶこともできますし、

期間が1週間程度~2週間程度であれば、

・英語+アクティビティー
・バケーションコース
・ティーチャーズホームステイ

などの選択肢があります。

インターンシップ、ボランティア、アクティビティー、バケーションコースなどは、

・午前中は英語の授業、午後からそれぞれのアクティビティー・仕事
・基本的には英語の授業、週1アクティビティー
・カリキュラムの前半が英語の授業、後半がアクティビティー・仕事

などの種類があります。(一番上の午前中に英語の授業、午後から活動というカリキュラムが多い)

上記の中で、超短期でいく場合のおすすめプログラムがあります。

それは、『ティーチャーズホームステイ』です。

実際に、私がイギリスに1週間滞在した際に、『ティーチャーズホームステイ』を経験したので、経験をもとに、メリットデメリットを紹介します。

 超短期留学をする場合におすすめの『ティーチャーズホームステイ』どんな留学?

ティーチャーズホームステイ』とは、

語学学校の資格を持つ人の自宅にホームステイをして、個人レッスンを受けるもの

です。

つまり、先生の家にホームステイをして、マンツーマンでレッスンをしてもらえるということです。家庭教師の家にお泊りみたいな感じです。

ずっとレッスンかというと、もちろんそうではなくて、決められたレッスン時間以外は、ホストファミリーと過ごしたり、自由に過ごしたりすることができます。

私がイギリスで『ティーチャーズホームステイ』を1週間経験したときには、レッスン時間は毎日約2時間程度で、残りの時間は、

・ファミリーと庭でBBQ
・犬の散歩に一緒に行く
・ファミリーの友達を招いてパーティー
・近くの公園に遊びに行く
・ロンドンへショートトリップ
・マザーのヨガレッスンを受ける

など、レッスン時間が短い分、旅行だけではない現地の生活の経験をたくさんすることができました。

では、それらを踏まえて、『ティーチャーズホームステイ』メリット、デメリットをまとめてみます。

 『ティーチャーズホームステイ』のメリット

・5日~1週間くらいの超短期でも英語の勉強ができる
・日程はある程度融通がきく
・マンツーマンでレッスンができるので分からないことは質問しやすい
・毎日のレッスン時間が短いので、他のことがいろいろとできる
・ホストファミリーとゆっくり時間を過ごせる
・決まった教材がないので、教材費はかからない
・他の学生との関わりはないので、人見知りにはちょうどよい

  『ティーチャーズホームステイ』のデメリット

・基本的に「学校」ではないので、学生の友達はできない
・語学学校の費用がかからない分、ホームステイ代は高くなる
・短期間でガツガツ勉強したい人にとっては、毎日2時間は短すぎる
・ホストファミリーが合わなければ長い時間一緒に過ごすのできつい
・ティーチャーの都合で、レッスン時間が短くなったり長くなったりする(最終的に決められた時間は行う)
・教材は決まっていないので、ティーチャー次第でレッスンの質は変わる

私の場合、ティーチャーが用意してくれた教材が、とてもよく自分に合っていたので、すごく学ぶことも多かったですし、英語の練習にもなりました。

基本的には、ティーチャーはライセンスを持っている人たちなので、教え方が下手とかはないとは思いますが、性格的に先生と合う合わないは語学学校でもあることです。

それが、マンツーマンなので、合わなかった場合は、きついかもしれません。

 まとめ

ホームステイ先に左右される『ティーチャーズホームステイ』かもしれませんが、よい家庭になれば、本当に充実した毎日が送れます。

特に、語学学校にいく程仕事の休みがとれない人旅行ではなくて短期間でもその国の生活体験がしてみたい人友だちづくりに不安がある人には、とってもよいプログラムだと思います。

せっかく一人で海外に行くのに、旅行だけではもったいない!

ぜひ、その国ならではの生活体験を『ティーチャーズホームステイ』でしてみましょう!