長期留学中の日本の医療保険・生命保険料はどうするのか?払い続ける?解約する?

Health Care文字ブロック 海外留学

スポンサーリンク

社会人12年目に入っている私ですが、10年前に加入した医療保険と生命保険が、2020年で満期を迎えることになり、初めて見直しをしようと思い、『ほけんの窓口』に行きました。

ほけんの窓口
検索
今加入している保険の見直しも日本にいたとしてもしなければいけないことなのですが、
今後海外に長期で行く場合、保険料はどうしたらいいのか、という相談もさせてもらいました。
海外の医療費は日本に比べたら高額であります。さらに、万が一、自分の身に何かあったときには、日本の家族はどうしたらいいのか…
今日は、長期海外滞在中の日本の『医療保険』・『生命保険』の2つの保険料について紹介したいと思います。

必ず加入するべき『海外旅行保険(留学生保険)』

まず、留学で必要な保険について。

学校を通しての留学でも、エージェントを通してでの留学でも、もちろん個人での留学でも、海外旅行保険への加入は義務付けられています。

基本的には、『海外旅行保険』『留学生保険』の内容は同じでありますが、通常の海外旅行保険では6カ月位までの保険期間しか対応しない一方で、

『留学生保険』と呼ばれている保険は長期(保険会社によって1年~5年まで)に対応しているところが多いです。

短期留学であれば、海外旅行保険やクレジットカード付帯の補償で十分な場合もありますが、長期留学であると『留学生保険』と呼ばれる『長期留学用保険』などに加入する必要があります。

渡航先や期間で保険料も変わってきますので、留学保険サイト(例えば『i保険』)などで比較検討してみましょう。

必ず加入するべき海外保険があるのに、日本の医療保険も払い続けるべきなのか。

病院の受付

さて、ここからは日本の保険料の話に移ります。まずは医療保険についてです。

上記で書いたように、海外にいく場合は、『海外旅行保険(留学生保険)』に加入しなければなりません。

保険会社によって異なりますが、海外保険料だけで多額の費用がかかります。(ざっと見積もって1年で20万円程度、月約17,000円

そうなると、現在入っている医療保険はどうするべきなのか、悩むところですよね。

実は、日本で加入している医療保険の場合、海外での病気やけがの際にも支払いをしてくれる場合が多くあります

手続きに手間はかかりますが、万が一海外で病気やけがになった場合、日本にいる家族に日本の保険会社と手続きをしてもらって送金することができるようです。

ただし、その手続きには日本と海外をまたいで必要書類をやり取りすることから、とても時間がかかること、また、病気やけがの状況などで支払いがされない場合もあります。

…とはいっても、日本の医療保険をすべて解約して渡航し、帰国したときに補償0も不安であったり、また帰国した時の年齢によっては、そのときに加入したときには保険料がぐっと上がったりする場合もあります。

確実に永住する目的で渡航する場合は、日本の医療保険は解約してOKだと思います。

ただ、長期留学後、帰国の可能性が残っているのだとしたら、日本の医療保険はかなり安い金額であってもかけておいてよいのかなと個人的には思います。

スポンサーリンク

海外旅行保険をかけている間の、日本で加入している生命保険料は支払いし続けるべきか。

続いて、生命保険についてです。

生命保険については、亡くなったときにもらえる金額や守るべき家族がどれくらいいるか(家族構成)でかなり異なってくることですが、

生命保険については、海外で亡くなった場合も、日本で加入している保険金は受け取ることができます。

しかし、特に守るべき家族もいないのに、海外旅行保険(留学生保険)と日本の生命保険をダブルでかける必要はないですよね。

逆に、守るべき家族がいる場合は、確実に両方かけておくべきだと思います

日本の生命保険は掛け捨てであれば安い保険料で多くの金額を受け取ることができますし、海外旅行保険(留学生保険)よりも払う金額に対して支払われる金額は大きいです。

私のように今後家族が増えるのかどうか不明な場合で、それでも生命保険に入っておこうかなと思う場合は、掛け捨てではなく、貯金・積み立てのつもりで保険に入ることも1つの手です。

ただ、掛け捨てでない場合は、もちろん月々の保険料は上がります。

まとめ

結論とすれば、海外旅行保険(留学生保険)の他に日本での医療保険や生命保険は加入したままがいいということです。

ただし、それだと保険貧乏になりかねません。

保険に入っているのに、保険料が払えなくなったら元もこうもありませんからね…

そのため、日本の保険を残す場合は、払える保険料をまず考えて、それの金額に見合う納得のいく補償がある保険会社やプランを検討するべきだと思います。

今回私がお世話になった『ほけんの窓口』は全国各地にあり、無料で相談ができます

長期留学を考えているみなさんは、ぜひ一度足を運び、相談をしてみるといいと思います。(1回2時間程度かかりますが)

丁寧にいろいろな可能性からアドバイスをくれますよ。

スポンサーリンク