【カナダ長期留学】カナダ語学学校SSLCのPathwayプロブラムで大学進学を目指す!

大学生 海外留学

スポンサーリンク

4月に渡航予定をしていた私の留学は、新型コロナウィルスの影響で延期になり、4月末から7月末まで語学学校の授業をオンラインで受けることになりました。

本来ならカナダで12週間の語学学校の授業を受ける予定でしたが、ありがたいことにオンラインでも授業を提供していただき、そのコースを終え、ついにカナダの大学進学の切符(入学許可)を手に!!🇨🇦

カナダの大学進学は敷居が高い?どれくらいの英語力が必要なのか?大学進学の前に語学学校に行くことは必要なのか?

今回は私が受講したカナダの語学学校 Sprott Shaw Language College (SSLC) のレッスン内容や、大学進学コース(EPE)についての内容を徹底解説いたします!

オンライン授業の感想はこちらから。

 カナダ語学学校SSLC はどんなところ?

カナダは広い🇨🇦そして留学人気国!多くの語学学校や大学がある中で、どのように進学先を決めるのか悩ましいところですよね。

私自身は、最初からビクトリアに行きたい!という強い気持ちがあったので、最初からビクトリアにある学校を調べていたのですが、

最終的に Sprott Shaw Language College (SSLC) に行くことに決めたのは、実際にカナダ大使館主催の留学フェアSSLCバンクーバー校のYokoさんとお話する機会があり、大変興味をもったからです。

SSLC Yokoさん
Yokoさん✨

SSLCのキャンパスは、Vancouver, Victoria, Toronto にあり、多くのプログラムを提供しています。

私は、語学学校の後、大学進学を目指していたので(その理由は別記事で)、SSLCにある 12週間のPathway プログラムというコースをとりました。

SSLC の Pathway プログラムについてはこちらから。

Pathway プログラムはいわゆる「大学進学」を目指しているコースなので、大学で必要なスキルを身につけるだけでなく、そのプログラムを受講し卒業することで(もちろん卒業試験はあります)、SSLCが提携している大学に入学することができます

提携している大学もかなりの名の知れた大学ばかり。

SSLC Pathway

SSLC Pathway

SSLC Pathway

SSLC ウェブサイトより

私はこのコースを終えて、ビクトリアにある、ビクトリア大学 (University of Victoria)に2020年9月に入学をします!

 Pathway プログラム (EPE) はどれくらいの英語力が必要なの?

まずは、12週間のPathway プログラム (EPE) は、誰も受講ができるわけではありません

受講するには EPE 入学テストを受け合格したら受講することができます。(もし合格しない場合は、まずはその力がつくまでSSLCのESLプログラムを受講することになるかと思います)

大学入学に必要な英語力はだいたいIELTS6.0-6.5大学院にいたってはIELTS7.0以上が必要になります。

そのため、12週間のEPEプログラムが終わる頃には、IELTS6.0-6.5レベルのスキルが身につくように頑張るわけですね。

もちろん、12週間で卒業できない人もいるようです。大学進学に必要な英語力がついていない場合、追加で授業を受けることになります

では、どうしたらEPE プログラムを卒業できるのか?

12週間のクラスへの参加態度はもちろんのこと、数々の課題、数々の試験、数々のプレゼンテーション、数々のエッセイの評価が80%を超えること。

さらに、最終月に行われるExit テストでもよい成績を修めなければいけません。

全ての小テストなどで80%って結構高いんですよ。
例えば、10点しかないテストでスペルミスなどして8点になってしまったら、それで80%ですからね。

なかなか厳しかったです。

 EPEコースはオンライン?対面?時間はどれくらいなの?

オンライン授業

先ほど、12週間のコースだとお伝えしましたが、時間は通常、月〜木が9:00~15:30 ランチタイムに1時間の休憩+15分休憩も途中で入ります。

金曜日のみ9:00~14:30です。

もちろん本来なら対面ではありますが、現在は新型コロナウィルスの措置で、オンライン授業も提供してくれています。

4月にEPEプログラムをオンラインで始めた私は、元々SSLCのビクトリア校にいく予定だったので、ビクトリアの時間で、日本から授業を受けていました。

その日本時間、AM 1:00 ~ AM 7:30

真夜中の授業が苦しくなっていた私に、Yokoさんからバンクーバー校でEPE Evening コースが始まるという情報をいただき、

カナダ時間 Evening PM 5:00~ PM 11:30(日本時間 AM 9:00~ PM 3:30)のクラスに変更をしました。

最初は迷ったのですが、2ヶ月バンクーバー校で普通の時間に授業を受けて、体調もお肌の調子も整い、結果としてクラスを移動してよかったと思いました。

現在(2020年7月28日)、SSLCは一部対面授業をオープンしていますが、EPEコースはオンラインでの受講となっているようです。

スポンサーリンク

 

 EPEコースはどんな内容を勉強するの?課題はあるの?

Pathway コースは、「大学進学」を目指しているコースなので、Speaking, Listening, Reading, Writing スキルをすべて身につけるようなカリキュラムになっています。

主には、

Listening は大学のレクチャーを聞いてそれに基づく小テスト、
Speaking は 毎週15-20分程度のプレゼンテーション発表
Reading エッセイなどのために多くの記事を読み、
Writing は750words 以上のエッセイを月2つ、加えて試験でもエッセイ

上記に加えて、文法やボキャブラリーを強化するための練習や小テストがあります。

さらにさらに課題です。

エッセイに関する記事や動画は授業で読んだり観たりする時間がありますが、エッセイを書くことに関してはほとんど課題として自分で進めなければなりません。

プレゼンテーションは15-20分、授業で発表するわけですが、それに使うプレゼンテーションスライドは、授業外でやらなければなりません。

15-20分のプレゼンテーションのためのスライドは、私はだいたい20スライドくらいでしたが、結構時間がかかりました。もちろん話す内容もMEMOを作ったり、organaize しないといけませんしね。

授業時間が長いこともそうですが、それよりも課題に費やした時間も結構でした。

短期間にしては結構な量です。英語力は…確実に伸びますよ。

 まとめ

Pathway プログラムのオンライン授業の具体的な内容や感想まで紹介しようと思っていましたら、SSLC の紹介で長くなってしまいましたので(笑)、具体的な内容は次の記事で書きたいと思います。

カナダにも多くの語学学校やプログラムやコースがありますが、個人的には学校を決めるポイントは、以下のことです。

・長期滞在をしたい場所かどうか
・何のために、何を学ぶために留学をするのか
・英語力のレベルが適しているか
・費用
・語学学校の対応のよさ
私自身は、大学で学びたいという思いがあった(理由は別記事)けれども、英語力の問題や費用のことでなかなか自分にあったプログラムを見つけられなかったときに、大使館の留学フェアでスタッフの1人のYokoさんと出会うことができました。
インターネットの情報はとても充実しています。しかし、学校のスタッフさんにまずは直接聞いてみるのもいいかもしれません。
その対応がよいかよくないかも、かなりの数の語学学校がある中から選ぶのであれば、私にとってはキーになるところでした。
困ったときやわからないことがあるときに、すぐに教えてくれる日本人スタッフさんがいてくれるのは大きいことですよ。

スポンサーリンク