カナダへ留学!学生ビザ申請に必要な指紋(生体)認証【バイオメトリックス】の流れ

会話とメモ 海外留学

スポンサーリンク

2019年度から、精度の高い入国管理を行うということで、カナダへ留学する際、ビザ申請(6カ月以上滞在)のために、指紋を提出することになりました。

バイオメトリクス(個人識別情報、生体認証)と呼びます。

たまたまこの時期にビザ申請となり、バイオメトリクスの登録経験をすることになったので、実際に登録したときの様子をレポしたいと思います。

 生体認証登録の流れ、登録費用など徹底公開

まずは、生体認証ですが、誰でも勝手に行けるのではなく、ビザ申請をした段階で、レターが届きます。費用は、ビザ申請時に、申請費用と一緒に支払います。

申請料金150ドル+生体認証手続料金85ドル⇒合計235ドル

ビザ申請の前に予約はできるので、ある程度、予定を組んで登録することもできます。

・・・というのも、生体認証ができるのは、2020年1月現在、東京にあるVFS Globalでしか登録ができません。しかも平日のみ。

生体認証は、ビザ申請後レターが届いてから30日以内に登録しなければいけません。ちなみに、ビザ申請後、レターは1日~1日半以内に届きます。(私の場合は、1日と2時間後にレターが届きました。)

まとめると、

ビザ申請完了(申請料支払いまで)

レター(Biometric Instruction Letter)が届く

VFS GlobalのHPから予約をとる(レターから30日以内)(電話でもできますが、インターネット登録が便利)

VFS Globalへ行き指紋登録

ビザ申請プロセスが進む

カナダ政府より許可・不許可のメッセージが届く

指紋登録の予約は、所要時間は約15分。予約時には、30分刻みで予約ができるので、すぐに予約はいっぱいになるということはあまりないかもしれませんが、

学生が集中する長期休み時の予約には注意が必要です。

 生体認証に行く際の持ち物、注意点

VFS Globalから予約を取得すると、予約書というものがもらえます。

その際に、「同意書を2部用意してください」という指示があります。

実際は、用意しなくてもその場で記入もできるかと思いますが、用意しておくと当日とってもスムーズに登録をすることができます。

1部は提出用、もう1部は自分用で当日返されます。

当日の持ち物まとめ

(1)Biometric Instruction Letter(カナダ移民局から届いたレター)
(2)VFSグローバルの予約書(オンライン予約時もらえる)
(3)パスポート
(4)同意書2部

スポンサーリンク

 生体認証(バイオメトリクス)登録の当日の流れ

世界地図

登録当日は、上記の持ち物をもち、予約時間に会場(VFS Global)へと向かいます。

予約の15分前でないと入れてもらえないので、あまり早く行き過ぎるのも待つことになります。

私は、17分前に到着してしまいましたが、少し前であれば入れてもらえました。

VFS Global に到着して、ビルの4階まで行きますと、ドア前にインターフォンがあります。

それを鳴らすと、予約時間を確認され、15分前であれば中に入れてもらえます。

中に入ると、持参物の提出、簡単に荷物検査後、説明書を持たされ、奥の部屋へと進みます。

同意書はその場でももらえるようですが、

事前に自宅でプリントアウトできるようならして記入してもっていくとスムーズに進むことができます。

奥の部屋で待っている間に、持参した同意書とは別の同意書にサインをして、呼ばれるまで待ちます。

待つこと3分(私のときには全然人がいなくて、すぐに呼ばれました)

待合室のモニターに自分の番号と「〇番部屋に進んでください」という英語のアナウンスが流れます。

ここまでの一連の流れは、日本語のスタッフさんが対応してくれていましたが、いきなりここで英語アナウンスで案内になったので、少しドキドキしました(笑)

ブースに進むと、再び日本人の方に、先ほど待合室で書いた同意書と、持参した同意書の提出を求められるので渡しました。

まずは右手の親指以外の4本指を指紋認証用の機会に押し付け、それが終わると親指、そして左手の認証も同じように行います。

私が認証にいったのは12月。

乾燥シーズンでカサカサの手の私は、指紋が採りにくかったようで、

「乾燥肌ですか?」

と聞かれてしまいました(笑)

無事に採取をし、レシートみたいな紙(追跡番号などが書かれている)をもらって終了。

終わった後は、どんどん帰宅してよいので、私はインターフォン押すところから出るまで、約15分で終わりました。

想像以上に早かったです。

 指紋認証後、ビザの許可がおりるまで

指紋認証が終わると、ビザ申請のためのプロセスが勝手に進んでいきます。

VFS Globalの申請追跡のページから、プロセスの進行追跡ができます。

その際には、指紋認証時にもらったレシートの紙に書かれた追跡番号が必要になるので、大切にとっておきましょう。生年月日の記入も必要です。

私は2019年12月2日に生体認証にいき、ビザ申請結果が届いたのが12月23日

約20日かかりました。

どうやら3日で申請結果が出る方もいるようですが、長い方だと2か月もかかるそうです。

そう考えると私の場合は、比較的平均的な日数であったと考えられます。

 まとめ

カナダのビザ申請のために生体認証システムが始まって、約1年が経過しました。

指紋認証の経験者が増えてきたので、多くの情報が出回ってきてはいますが、実際に体験すると分かったことも多くありました。

ビザ申請のために生体認証はひと手間かかり、少し面倒に思えるかもしれませんが、

治安のよい、安全な国を保つためには必要なことだと思います。

また、一度生体認証を行うと10年間は有効であります。事前情報を得て、みなさんがスムーズにビザ申請が行えるといいです。

質問がありましたらお問い合わせいただければと思います。

スポンサーリンク