カナダ留学をするために必要な書類は?社会人がまず準備するものまとめ

カナダのカップ 海外留学

スポンサーリンク

学生時代の留学であれば、学校の国際交流室のようなところがいろいろと必要書類を説明してくれたり、先生が教えてくれたりしますが、

社会人の留学ともなると、頼るべきはエージェントとインターネット

私自身も、留学を迷っている段階で、準備できる書類は早めに準備しておこうと思い、インターネットの情報を元に、必要書類を準備しました。

しかし、実際に必要だったものは、その中のいくつか。

留学する国や、学校によってもだいぶ違うと思いますが、私が必要であった書類をまとめてみます。

これから準備をしようと思っている方は、参考にしてくれたら嬉しいです。

 最低限、揃えておくべき書類一覧

インターネットで検索すれば、いろいろな情報が出てきますが、最初に準備しようと思った書類が

・英語力証明書(IELTSやTOEFL)
・高校の成績証明書
・高校の卒業証明書
・大学の成績証明書
・大学の卒業証明書
英語力証明書については、そもそも留学には英語力を必要とするので、試験を受けてその結果が送られてくるので、そちらがあればOK。
つまり、証明書というより、まずがスコアをとることが第一優先ですね。
私が心配になったのが、高校の書類2つ…
なんせ、高校を卒業してから早約15年…(現在34歳)
今更そんな高校時代の書類を欲しいなんて言う人、なかなかいないだろうな…と。
書類を得ることはできるのだろうか…ということで、実際に私が高校に問い合わせた手順をご紹介します。

 卒業して15年…果たして高校の成績証明書・卒業証明書は発行してもらえるのか

まずは最初に、母校の高校のインターネットにアクセス。
『卒業生の方へ』をクリック。
   ↓
『卒業生向け証明発行』をクリック。
なんと、いろいろな書類が卒業してからも期限付きで発行してもらえるのですね。
例えばこんな感じ。
種類 内容 卒業後発行期限
卒業証明書 卒業したことの証明 永年
成績証明書 学んだ教科の評価等の証明 5年
調査書 学んだ教科、特別活動の評価等の証明 5年
推薦書 上級学校等への受験の際に
その人物を推薦する証明
5年
単位取得証明書 学んだ科目の修得した単位数の証明 20年
学科修了証明書 高校の学科を修了したことの証明 永年
※高校によって異なるかもしれません。
なんと、卒業していから15年経過している私は、『成績証明書』を得る権利を失っていました。
しかし、そこで代わりになるのが、『単位取得証明書』
私のように、30代以降で留学しようとしているみなさん、安心してください。
『成績証明書』がなくても、『単位取得証明書』があれば、OKなのです。
しかし『単位取得証明書』の期間も20年…結構ギリギリですね。
そして、もう1つ気になることが。
書類は英文で用意しなければいけませんが、母校のHPの一覧のところには、『卒業証明書』【英文あり】と記載されていましたが、
『単位取得証明書』は特に記載なし。
そこで、母校に電話で問い合わせをしてみました。
対応してくれた事務の方は、丁寧に対応してくれましたが、ここ近年前例がないので、英文で用意できるけれど、時間がかかるとおしゃっていました。
ただの『普通科』に通っていた私なので、そんな卒業生なかなかいないのかもしれません。しかし、用意してくれるとのこと!
必要な「定額小為替証明」や返信用封筒などを同封して、高校に郵送しました。
発行までに2週間程度かかると言われましたが、実際には1週間程度で送ってもらうことができました。

スポンサーリンク

 大学の成績証明書・卒業証明書の発行

書類
私は、某外国語大学出身なので、英文の証明書は簡単に発行してくれるのだろうなと予想はしていました。
実際に、母校のHPから簡単に取り寄せることができましたので、大学の方はそんなに書類を取り寄せるには苦労はしません。
また、発行も郵送もすぐにしてくれますので、あっという間に取得することができました。

 実際に使用した書類一覧

上記の書類は、まだエージェントなどを通して必要書類を聞く前に、インターネットの情報で早めに用意をしていた書類です。

実際、申し込みをする際にエージェントから提出を求められたのは、各申込書(大学やホームステイ等)の他に、

・英語力証明書
・最終学歴の卒業証明(私の場合は大学)
・Resume(英文履歴書)
・Letter of Intent(志望理由書)

でした。高校の証明書いらなかったです…(笑)

私はいいですけど、高校の方にわざわざ英文で用意してもらったのに、申し訳ないです。

 まとめ

おそらく進学する学校やスタイル(語学学校、大学、カレッジ、大学院等)によって必要書類は異なることと思いますが、

少なくとも、留学をしようと考えている方は、今すぐに用意できる書類は、すぐにでも取り寄せをしましょう。

留学が決まると、考えなければいけないこと、やらなければいけないこと…たくさんあります。

まずは、自分の母校のホームページを見て、不明な点は尋ねてみましょう。

スポンサーリンク