【離婚経験有】20代・30代で留学を目指す女性たち【退職・休職】

夢を追う女性 海外留学

スポンサーリンク

ちょうど1年前の2019年秋、LINE オープンチャット『社会人からの留学を目指す大人の集い ~ Studying Abroad Community ~』でコミュニティを立ち上げました。

徐々にメンバーが増え、2020年10月現在は100人近いメンバーが集っています。

当初は『女子会』という名前でスタートしたこのオープンチャットですが、2020年9月に『社会人から留学を目指す大人の集い』として再スタート!

現在は、まだ女性が9割、男性が1割という割合ではありますが、各々の経験談や悩みや相談などをオープンチャット上でしています。

『やりたいことをやるのに、年齢なんか関係ない!!』

これについては大いに同意をします。留学もしかり。

何歳だって、留学をしたり、海外移住を目指したり、海外で働くことだってできるんです!

しかし、20代・30代の年代。

その年齢層っていろいろな悩みやしがらみがあるもんなんですよね。

就職はどうするの?キャリアはどうなるの?
・同級生はもう出世コースにのっているけど私は?
・長期でいくなら退職をしないとダメ?
・留学後に働くことはできるんだろうか?
・周りはもう結婚して、出産している…私は?
を買いました!の報告が多いけど…
ワーホリビザで行きたいけど、もう30歳になっちゃう
学生の頃の留学とは違い、自分の汗水流して働いて貯蓄したお金を使って留学をするわけです。
相当な覚悟がいますよね。
そんなモヤモヤした気持ちをもった、留学を目指す同志たちが、このコミュニティには集まっているわけです。
そう考えているのは1人じゃない、そして、同じような状況で留学を目指したり実際に渡航したりしている人がいるのは、大変心強い気持ちになりますよね。
今日はコミュニティで出会った女性たちの話を少し紹介したいと思います。

 留学、転職、恋、離婚、結婚… アラサー女子が集まると濃い話

LINE オープンチャット『社会人からの留学を目指す大人の集い ~ Studying Abroad Community ~』では、もちろん情報交換などをチャット上で行っているわけなのですが、

時々、『留学あれこれオンライン座談会』という、オンライン上で集まって、いろいろ留学のことに関する不安や状況などを話す会を定期的に開催をしています。

その中でも、いつも参加してくれているアラサー5人で先日、『女子会』を開催しました。

:カナダ長期留学予定であったが、コロナの影響で2020年4月〜7月はオンラインの授業を受けるが、中止を決意
YK:カナダ長期留学であったが、コロナの影響で2020年6月に渡航予定を延期。2ヶ月後8月に渡航をし、現在は現地で大学の授業を受けている。
YH:2020年4月にカナダ留学予定であったが、1年後2021年4月に渡航を延期。現在は日本で働いている。
FM2020年9月にイギリス大学院へ留学。現在は働きながら、イギリスの大学院の授業を受けている。
HNオーストラリアで海外勤務経験あり。現在は日本の外資系で働いている。
上記は簡単な紹介ですが、とにかく海外思考の我々が集まったわけです。2人は海外にいて、3人は日本にいます。
そして、ずっとこれまで知らなかったのですが、なんと!!
5人中4人が、離婚経験があったのです(笑)
『バツイチの人集まれ〜』なんて言っていなく、互いにそんなことは知らずに、すでに何度か話して仲良くなってからの衝撃事実。
私自身も離婚経験がありますが、なんとなく積極的には言ってこなかったんですよね。
でも、留学思考のメンバーで集まったら、まさかの80%の割合で、なんだか離婚という事実もどうでもよくなりました(笑)

そこで、私が思ったのは、『離婚経験がある女性は、海外進出をしたくなるのか?』ということです。

スポンサーリンク

 離婚した女性は留学を目指す!?

そもそも、私の周りには30代をこえて退職をしてまで『留学をしよう!』としている人がそんなにいないので、

この100人近くいるコミュニティに集まるメンバー自体が貴重なのですが、

その中でさらに、離婚経験があるという共通点がある方の存在は、大変私としては嬉しい事実でした。

100人いるメンバーの中で、他にももしかしたらいるのかもしれません。

ただ、たまたま集まった5人中4人が離婚経験があると、何か考えに共通点があるのではないかと思ったわけです。

私自身は、『離婚をしたから留学に行きたくなった』というよりも、『教員という仕事から逃げたかった』という思いの方が強かったかもしれませんが、

もしかしたら『離婚』も、私の留学熱を後押ししているような気もします。

・周りから『バツイチ』だと思われたくない → 海外で暮らそう
・男に頼らない自立した自由な女性でいたい
・英語力を伸ばして、キャリアにつなげたい
・元夫がいる(嫌な経験をした)日本にはいたくない
・海外にいけば何かが変わるかもしれない
上記のような感情があったかもしれません。
そして、このようなことを考えて、うじうじしてしまうのは、日本特有な気もします。
特に田舎であれば、すぐに近所の人や同級生などのつながりで、
『○○さん、離婚したらしいよ〜』
噂話
なんて噂、すぐですもんね。本当に生きづらい
それに比べ海外は、個の尊重や多様性が認められるような気がします。『離婚なんて大したことない。』そんな風に思える環境なんだと思います。
ただ、それを気にすれば気にするほど、自分で首を締めることになります。
留学を辞めて日本にいると決めた今、私は、周りの目を気にせず、堂々と生きていこうと思っています。生きやすい日本で生きていこうと思います。

 まとめ

一度社会人になってから留学を目指す方々には、それぞれの思いや目的があることと思います。

しかし、年齢を考えると、何度も何度も『これでいいのかな?』と不安になることでしょう。

周りと比べると、自分の生き方に不安になることもあるかと思いますが、そんなときには同じような境遇の人たちと話をすることも気晴らしになります。

そして何より、周りと比べる必要はありません。

留学もそう、離婚もそう、自分自身が昔の自分と比べて、『幸せになる』ことができる可能性があるのなら、挑戦すべきだと思います。

比べるのは周りではなく、昔の自分。

 

LINE オープンチャット
『社会人からの留学を目指す大人の集い ~ Studying Abroad Community ~』
ご参加がまだの方はこちらから↓

スポンサーリンク