【勉強がなかなか続けられない人必見】習慣化を実現するための第一歩【小さな習慣】

勉強 習慣化

スポンサーリンク

『英語学習習慣化コーチ』としても活動しております、在宅うさぎ🐰です。

先日ご縁があり、『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』の著者である、伊藤良さんと対談をする機会がありました。(動画を作成予定です。)


何でも「続く人」と「続かない人」の習慣

私自身、多くのことをこれまでの『習慣化』によって手に入れてきました。

例えば、私は長年4:00に起床し朝活をしているのですが、それが習慣化したことにより、

中学校教員として働きながらも、

・英検準1級取得
・小学校教員免許取得
・留学カウンセラー資格取得
を達成してきました。

“人の本性は皆ほとんど同じである。違いが生じるのはそれぞれの習慣によってである”

(中国の思想家 孔子)

『とはいっても、私は習慣化できない』『習慣にするまで時間がかかるんでしょ?』

と、『習慣化』というワードに対して、すごくハードルが高いな、と思っている方もいらっしゃることでしょう。

一つ大事なことを最初にお伝えすると、『続ける』にあたり、とても大事なことは、

『目標設定』

にあります。

ただ、今回は『目標設定が正しくされている』ということを前提にお話をします。(目標設定については別記事で)

ということで、今回は目標設定はしてあるのに、これまで『続けること』に失敗したり挫折したりしたことがある方が、習慣化に向けた『その一歩』を踏み出すためのいくつかのヒントを、私の経験を元にお伝えしたいと思います。

 小さな習慣を大切にする

多く続けることに失敗をする方は、『勉強をする!』と決めたときに、一気に何から何までやろうとします。

・よ〜し!早起きだ!
・よ〜し!1日2時間、毎日だ!
・よ〜し!単語を1日200個だ!
・よ〜し!毎日音読!毎日シャドーイング!
などなど…上記のようなことを、一気に全部やろうとしていまいます。
例えば、英検3級レベルの方が英検1級を目指すには、相当な時間が必要ですし、人並みならぬ努力が必要です。
しかし、1日に大量に詰め込み、いきなり英検1級の過去問を解くことは、合格につながるのでしょうか?
『大きな夢も、小さな習慣を一歩ずつ積み重ねていけば叶えられる』
続く人は、今できることを地道にやる。
と書かれています。
多くの英語学習者がご存知の通り、英語学習において最も大事なのは、
毎日少しでもいいから『続ける』ことなのです。
自転車は、一度乗り方を覚えて乗れるようになってしまえば、10年ブランクがあっても乗れるものですが、
英語は、英語から離れる時間があるほど、使えなくなってしまいます。
おそらく一度これを経験されたことがある方の中には、英語学習を辞めることを怖いと思われている方もいるのではないでしょうか。
仕方がないんです、私たちは日本人だからです。第一言語が英語でない人は仕方がないのです。
だからこそ、1週間オールイングリッシュで過ごして終わりなのではなく、1日15分でも続けていくことが、その先の目標へとつながっていくのです。
まずは1つずつ。
では、どのように小さな習慣を身につけていくのか。

スポンサーリンク

 小さな習慣を身につけるための方法 その1 アプリの活用

私自身、何年も英語学習を続けていますが、もちろん、机に向かって勉強ができない日もあります。

仕事や遊びで忙しい場合もありますし、ただやる気がでないときだってあります。

そんなときには、手軽に使える『英語アプリ』を活用しましょう!

スマホのアプリ

本当に便利な時代になりました。現在、本当に多くの便利な英語アプリがあります。ほぼ無料で使えるものも多くあります。

参考までに、私の使用しているアプリを紹介します。

・英単語アプリ mikan (App Store / Google Play)
abceed
Engly
英単語アプリ mikan (App Store / Google Play) は語彙力アップのため、abceed は単語のみながらず、長文やリスニング強化のため、そしてEngly は、Writing / Reading の強化、そして表現を学ぶために使用しています。
実は、Engly は最近始めたのですが、これはとてもよい◎
簡単にいうと『英語で投稿するSNS アプリ』なのですが、私は日記のようにどうでもいいことを英語でつぶやいています。(usa という名前なので、ぜひ検索ください!)
このように、これまで英語の勉強を続けられなかった人は、まずはこのような簡単に始められるアプリを『毎日続けること』から始めてみてはどうでしょうか?
スマホは毎日触りますもんね。

 小さな習慣を身につけるための方法 その2 臨機応変に

『私が習慣化ができない』と思っている方は、特に『完璧主義』の方が多いです。

今日はこれをやる!!・・・・できなかった・・・・私はできない人なんだ・・・・

と、続けることを諦めてしまいます。

そんな方に伝えます。

『完璧主義から卒業しましょう!』

何度もいいますが、英語学習は『1から10まで完璧にやって途中で挫折する』よりも、『6〜7割程度』で続けることが大事なのであります。

机に向かってできない日には、上記で述べたアプリを勉強時間にカウントすればいいのです。

特にはYoutube を見て、英語表現を学ぶだけでもOK!

そんな風に、毎日の忙しさの中に、英語を臨機応変に入れていく、それが『続ける』自信になっていくことは間違いなしです!

 小さな習慣を身につけるための方法 その3 SNS の活用

以前紹介したことがありますが、私はInstagram の勉強アカウントをもっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sayo(@sayo8239)がシェアした投稿

ほぼ毎朝、朝活の様子を投稿しています。

勉強アカウントのため、私のフォロワーさんも勉強を頑張っている方ばかりで、すごく刺激を受けるんです。

誰しも、人から見られると『頑張らなきゃ!』という気持ちになりますよね。

一人で怠けちゃう人は、周りからの刺激をもらうために、SNS の勉強アカウントで人の投稿を見たり、自分の様子を投稿したりすることもよい方法です!

 小さな習慣を身につけるための方法 その4 コミュニティへの参加

一人で怠けちゃう人には、もう一つオススメの方法があります。

それは、『勉強のコミュニティ』に参加することです。

例えば、私自身も『朝活勉強会@ZOOM』を開催しております。

参加希望者はこちらから

私が開催している朝活勉強会は毎週金曜日AM 5:30~ ですが、中には毎朝開催しているコミュニティもあります。

1週間の朝活回数はご自身で調整していけばいいので、無理ない範囲から始めればいいと思いますが、何より、週に1回でも毎週続けること。

それが大事だと思います。

それが『小さな習慣』というものです。

 まとめ

『そんな小さなことで「習慣」なんて言えるのか?』とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、その『小さな習慣』ができない人が、他のことを習慣にすることはできません。

1つのことを『習慣』にできる人は、いずれどんなことも『習慣』にできるようになります。

“いまこの1秒の集積が1日となり、

その1日の積み重ねが1週間、1ヵ月、1年となって、

気がついたら、あれほど高く、手の届かないように

見えた山頂に立っていたというのが、

私たちの人生のありようなのです”

(稲盛和夫)

『小さな習慣から少しずつ』始めていくことをオススメします。
『英語学習習慣化コーチング』を提供しています。ご興味ある方はお問い合わせより。

スポンサーリンク