IELTS初心者が7.0を目指すために必要なおすすめの教材やテキスト5選

机の上の参考書 英語学習

『留学をしたい!』と思ったら、必要なのが、IELTSやTOEFLのスコア。

どこへの進学を目指すのか、どこの国か、どこの地域(州等)かで必要なスコアは変わってきますが、『大学院』レベルを目指す場合は、ほとんどの場合で、7.0が必要となります。

昔に比べれば、IELTSは日本でも知名度をあげてきており、受験者数も年々増えている傾向にあるので、IELTSのための対策本や問題集も選択肢は増えてきています。

とはいえIELTSは、一度書店などで見てみるとわかりますが、英検やTOEICに比べれば、市販されているテキストの数は少ないです。

受験料も高いですし(IELTS受験料1回25,380円)、受験するのであれば対策をしてから受けたいですよね。

今日は、私が実際に初受験の際に用いたおすすめ教材を紹介します。

スポンサーリンク

 初受験のためにまず何を用意したらいい?目指すスコアは?

上記で、IELTSについてのことを語っていますが、実は私も『IELTS』とう存在を知ったのは、社会人になって留学を目指してからです。

留学を目指さなければ、出会うことのない試験かもしれませんね。

そんな私の初受験は、2018年8月

受験を決めたのは2018年4月でしたので、約4か月IELTSの対策を行いました。私自身は、当時カナダの大学院を目指していたので、必要なスコアは7.0

結果は初受験にして、overall 5.5でした。speaking, listeningが全然ダメダメでしたが、writing, reading6.0を取ることができました。

…とはいえ、IELTSでのスコアを0.5上げるのには、かなりの努力が必要。目指すスコアによって、テキストや教材、勉強方法は変わってくると思うのですが、

当時、私は7.0を目指していたので、初受験のために、いくつかの教材やテキストを購入しました。その中でも6.5~7.0を目指す人向けの、初受験で揃えるべきテキストや教材を5つ紹介したいと思います!

 初受験で揃えるべきおすすめ教材 その1『ターゲットバンド7』

私が、受験を決めた際に最初に購入した本です。

こちらのテキストは、初めて受験する人にとっては必須アイテムだと思います!

初めて受験する人にとっては、そもそも試験の仕方もわからないのですが、そのような説明も日本語で書いてありますし、各技能(speaking, listening, writing, reading)のポイントが詳しく書かれています。

もちろん練習問題もありますし、私はwritingはこのテキストの文章を参考にたくさん練習して、初回から6.0をとることができました。

ただ、練習問題の量は多くありませんので、他の問題集と兼用することをおすすめします。

初受験で揃えるべきおすすめ教材 その2『IELTS ブリティッシュ・カウンシル公認問題集』

こちらも旺文社が出版しています日本語で書かれているテキストです。

【音声ダウンロード付】IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集

新品価格
¥2,860から
(2019/10/16 08:34時点)

上記の『ターゲットバンド7』と同様に、出題形式や解き方のポイント、攻略ポイント等が詳しく書かれています。

実践問題は少ないですが、実践に至るまでの細かい練習問題のようなものがところどころにあるので、元々の英語のレベルがそんなに高くない人は、このテキストもおすすめです。

おすすめポイントの1つとしては、練習問題や実践問題の解説がかなり詳しく載っています。Official bookでは解説はありません

現在6.0程度のスコアレベルの人は、このテキストをやる必要はないかと思います。

初受験で揃えるべきおすすめ教材 その3『実践IELTS 英単語3500』

【音声ダウンロード付】実践IELTS英単語3500

新品価格
¥2,750から
(2019/10/16 08:36時点)


やはり、スコアを伸ばすには語彙力は大事!!!!こちらのテキストは一番使用率が高いかもしれません。

レベルごとに章が分かれていますので、どのレベルの方にもおすすめかと思います。

もちろん、7.0を目指すのであれば、この1冊は本当に頑張らなければいけないと思います。

音声もダウンロードできますので、英単語や例文を隙間時間に聞いて、語彙を伸ばす共に、リスニングも鍛えることができます。

初受験で揃えるべきおすすめ教材 その4『Ideas for IELTS Topics』

こちらは、無料でIELTSの情報をたくさん発信しているsimon先生のe-bookを購入し、ダウンロードして冊子にしたものです。

(e-bookのままでもよかったのですが、紙派の私です)

simon先生のサイト自体が素晴らしいのですが、このe-bookは、speaking, writingが苦手な人にとっては、宝庫的な教材です。

試験に出てきそうなあらゆるTOPICの両サイドの意見がうまくまとまっています。目から鱗です!!!

これを全て暗記して自分ものにしたら最強かもしれません(笑)それくらい素晴らしいe-bookです。

キーワードielts simon
検索

初受験で揃えるべきおすすめ教材 その5『Cambridge English official テキスト』

おすすめといいますが、必需テキストですね。official bookです。

私は12と13を使用していましたが、他の番号でもいいので、2~3冊程度は繰り返し解くべきかと思います。

リスニングがダウンロードできるテキストとそうでないテキストがありますので、ご注意ください。(もちろんリスニングありの方がいいですが、なくてもYoutubeにあがっています)

残念ながら、解答は載っていますが解説は載っていませんので、間違えた問題はちゃんと理解するまで復習してください。

このテキストは、上記を一通りやったところで最終段階に使うべきものかと思っています。

 まとめ

あらゆる教材が市販されていますが、すべてを買うにはお金もかかります…

まずは、自分が目指すべきスコアを明確にし、そのスコア今の自分の実力に適したテキストを選びましょう。

私は最初の受験で全然目標には達しませんでしたが、この5冊を繰り返し行っていけば、まだまだあがると確信しています。

テキスト選びも重要ですが、それよりも自分がどれくらい努力するかにかかっています。

留学を目指しているみなさん、とてもハードルが高い試験ですが、IELTS高得点のために頑張っていきましょう!!!